ガソリンカードを比較! TOP 》 ガソリン節約術 運転中に燃費をあげる

運転中に燃費をあげる

どのような運転をするかで、自動車の燃費はかなり変わります。また、燃費を向上させる運転というのは安全運転にも繋がりますので、ぜひ実践してみましょう。

昔はエンジンが冷えた状態で運転するとエンジンに良くないと言われていましたが、現在の自動車は、エンジンの精度などが高くなっていますので、エンジンが冷えた状態で運転をしても、そこまで問題はありません。ですから、特に暖機運転をする必要はありませんが、エンジン始動後の急発進などは、燃費には悪いですし、エンジン自体にも負担をかけることに違いはありませんので、なるべく暖機できるまでは、エンジンの回転は上げないようにして下さい。

また、急発進だけでなく、急加速などのアクセルを急激に踏む運転も良くありませんし、逆にかなりゆっくりと加速しても、ガソリンを大きく消費してしまいますので、燃費の向上には繋がりません。燃費の向上に繋げるには、スムーズに加速することが必要ですので、そのような意識で運転をすれば、良いと思われます。

走行中は周りの車の状況に合わせながら、その都度、スピードを調整するようにします。慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、なるべく一定の速度で運転すると良いと思われます。アクセルを踏む角度が一定になるように意識すると、やりやすいと思います。スピードが速くなったり、遅くなったりすると周りの車にも迷惑がかかりますので、とにかく一定の速度ということを意識すると良いでしょう。



ガソリン節約術


ドクターエム株式会社